ニュースリリース

株式会社パブセンは、本日「ライフログ/マイコンテンツ管理 クラウドサービス Pubcen」のドイツ語版をリリースいたします。

Pubcenは、本年11/17(金)の日本語版・英語版をリリースに続き、本日のドイツ語版リリースにより3カ国語でのサービスを提供します。
「世界中の人々がSNSやクラウド上に日々生成している、写真や投稿記事などのデジタルコンテンツを、散逸させることなく集めて・編集し・新たな価値を生み出すクラウドサービス『Pubcen』」 のグローバル展開を目指します。

なお、弊社は本日12月4日(月)から5日(火)まで、 ドイツのベルリンで開催される、Disrupt Berlin 2017 に、経済産業省 (飛躍Next Enterpriseプロジェクト) からの派遣により、JETRO(日本貿易振興機構) 日本パビリオン内にパブセンブースを出展(12/4)、単独でのブース出展(12/5)も行ないます。

▶︎TechCrunch Disrupt Berlin 2017 https://techcrunch.com/event-info/disrupt-berlin-2017/

弊社は、12/2(土) 前橋グリーンドームにて開催される「群馬イノベーションマーケット(上毛新聞主催)」 に、歴代GIA*ファイナリストとしてブース出展いたします。

* GIA(群馬イノベーションアワード)は、2013年にスタートしたプロジェクトで、群馬県内で次代を担う起業家や起業家精神を持つ人材を発掘し、イノベーション機運を高めようというピッチイベントです。
パブセンは2015年の特別賞・スタートアップ部門賞を受賞しております。

▶︎群馬イノベーションマーケット2017 https://www.facebook.com/events/139994949974453/
▶︎群馬イノベーションアワード http://www.gi-award.com/archive/2015/

 

Pubcen[Version 1.0] タイムライン画面 (PC/スマホ)

Pubcen[Version 1.0] タイムライン画面

株式会社パブセン(本社:群馬県前橋市、代表取締役:佐藤 高生、以下パブセン)は、「世界中の人々がSNSやクラウド上に日々生成している、写真や投稿記事などのデジタルコンテンツを、散逸させることなく集めて・編集し・新たな価値を生み出すクラウドサービス『Pubcen』」 を、本日より日英2カ国語で提供開始いたします。

▶︎Pubcen のサイトはこちら  https://pubcen.com

近年、様々なネットサービスを駆使した、情報の管理や共有・コミュニケーションが可能になる一方で、「写真の整理や管理が追いつかない」「どこかに投稿したはずなのだが見つからない」「過去の資産をまとめて振り返り、新しい価値を生み出す時間がない」という課題も生まれています。Pubcenはこうした課題を解決し、人々のデジタルライフに欠かせないプラットフォームとなることを目指して開発を進めてまいりました。

Pubcenに、自分が利用するSNSやクラウドサービスをコネクトすれば、散在したデータが一か所に集められ、時間軸や場所やタグ付けした情報によって自動的に整理されます。そして、さらに予め設定された詳細なタグ付け機能や編集機能により、自分なりのまとめや編集をして、SNSやクラウドサービスに再び配信を行う事が出来ます。

これにより、今日の出来事から、今年の10大ニュース、入学から卒業までの数年間にわたる子供のイベントのまとめ、趣味の鉄道写真の詳細な分類整理、あるいはスケジュール表と写真を組み合わせての出張報告、自分史の編纂に至るまで、ビジネスとプライベートの両面で価値ある自分のライフログを生み出せるのです。

 

本日リリースしたPubcen [Ver. 1.0]では、Facebook・Google カレンダー・Googleフォトを第一弾の接続先としてサービスを開始します。

利用料金は全世界共通で、月額$5、 年払いの場合は$50。初年度会員数60,000人、うち有料会員5,000人獲得を目標としております。

会員登録後、利用者は30日間全ての機能を無料でお使いいただけます。

Pubcen [Ver. 1.0]は「スマートフォン・デジタルカメラ・PCを駆使して、家族や友人とのイベントを記録し、自分の趣味の写真も数多く撮る」「仕事やプライベート両面でSNSを積極的に活用して、情報発信を行ないコミュニケーションを広げている」というライフスタイルを持つ、主に30代から60代を中心とする世代をターゲットとして、拡販活動を開始いたします。

Pubcen [Ver. 1.0]はスマートフォンやタブレット、PCのWebブラウザで動作するWebサービスとして発売開始、来年度以降、順次iOSやAndroid端末向けにネイティブアプリのリリースも予定しています。

 

なお、当社は9/18に米国サンフランシスコで開催された「TechCrunch Disrupt SF 2017」への出展に続き、11/16-17 渋谷ヒカリエにて開催中の「TechCrunch Tokyo 2017」 スタートアップ・デモブースに出展しPubcenサービスをご紹介しております。
さらに、11/30-12/1 フィンランド ヘルシンキでの 「SLUSH」、12/4-5 ドイツ ベルリンでの「Disrupt Berlin 2017」 においては、経済産業省からの派遣により日本貿易振興機構(JETRO)ブースでの展示を行なう予定であり、世界中の人々に、デジタルライフログのプラットフォームとしてPubcenを活用いただく事を目指してまいります。

 

■ 保有特許

  • 2017年2月 キュレーションエンジン「Life Weaving Technology」の特許を取得 (特許第6083546号、米国でも出願中)

■ 受賞歴

  • 飛躍Next Enterprise 欧州派遣コース 採択 (2017-10-20) [経済産業省主催]
  • ぐんぎんビジネスサポート大賞2015 奨励賞受賞(2016-04-08)[群馬銀行主催]
  • 第3回 群馬イノベーションアワード2015 特別賞・スタートアップ部門入賞 (2015-12-05) [上毛新聞社主催]
  • 第3回 群馬ベンチャーサミット 準グランプリ受賞(2015-07-25) [監査法人トーマツ主催]

 

■ 株式会社パブセンについて
会社名: 株式会社パブセン
設立年月: 2015年7月
本社: 〒371-0022 群馬県 前橋市 千代田町2-7-10前橋市創業センター202
代表取締役: 佐藤 高生
資本金: 3700万円
Webサイト: https://pubcen.com
Facebookページ: https://www.facebook.com/pubcen

■ 代表取締役 佐藤 高生について
創業者の佐藤高生は、群馬県立前橋高等学校を卒業後、1983年慶應義塾大学経済学部に入学。
大学時代に学生ベンチャーとして、前橋市に株式会社群馬データベースシステムを設立し(1985年7月)、ソフトウェア開発やインターネットプロバイダ事業などを通して、経営者としての経験を積みました。
その後、外資系ソフトウェアベンダーのセールスとして、日本を代表する多国籍企業のグローバル展開・Webマーケティングに貢献。スケーラブルなコンテンツデータベースシステムのプロフェッショナルとして、経験と実績を積み人脈を構築してまいりました。
こうした経験を活かして、2015年7月に株式会社パブセンに商号を変更し、満を持して二度目の創業に挑戦しております。

 

*  Pubcenは、株式会社パブセンの登録商標です。その他、本リリース中の社名や製品名・サービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。
ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
お問い合わせフォーム

今般弊社は、経済産業省主催「中堅・中小企業等イノベーション創出支援プログラム(飛躍 Next Enterprise)- 欧州(ヘルシンキ・ベルリン)派遣コース」の平成29年度派遣企業に選抜されました。

 *経済産業省のプレスリリース
 *経済産業省 飛躍Next Enterprise のサイト 

このプロジェクトは、高い技術力や優れた事業アイデアを持つ国内有望ベンチャー企業を、海外イノベーション拠点に派遣し、グローバル市場への足がかりとして大きく成長させる事を目指すものです。

パブセンが応募した「欧州派遣コース」では、11/30-12/1にフィンランドで開催される世界的スタートアップイベント「SLUSH」および12/4-5にドイツで開催される「Disrupt Berlin」にて、JETRO(日本貿易振興機構)が設置する日本パビリオンにブース出展します。

同コースの審査を通過した国内7社と共に、パブセンは当社ライフログサービス「Pubcen」を来場者に紹介し、欧州市場でのサービス開始に向けて第一歩を踏み出します。

弊社は、アメリカ サンフランシスコで開催されているテクノロジ系スタートアップの代表的なイベントであるDisrupt SF 2017のStartup Alleyコーナにブース出展致しました。

Disrupt SF 2017 パブセン出展ブース Disrupt SF 2017 パブセン出展ブース説明風景 

ブースでは、Pubcenサービスの一機能である、「クラウド上にある自分のカレンダーデータと写真コンテンツをキュレーションすると、自動的にスケジュールが写真を挟んでイベントが生成されタイムライン上に並ぶ『ハンバーガー機能』」を中心に紹介、多くの来場者から興味と関心を集めました。

 *Disrupt SF 2017イベントについては下記の主催者サイトをご参照ください。
TechCrunch DISRUPT SF 2017

株式会社パブセン(本社:群馬県前橋市、代表取締役:佐藤 高生、以下パブセン)は、群馬銀行(頭取 齋藤 一雄)と、ぐんぎんリース株式会社(社長 室田 雅之)が共同で設立した「ぐんぎんビジネスサポート投資事業有限責任組合(略称:ぐんぎんビジネスサポートファンド)を割当先とする第三者割当増資により、シードラウンドで総額1億円の資金調達を実施いたしました。

パブセンは 「世界中の人々がSNSやクラウド上に日々生成している、写真や投稿記事などのデジタルコンテンツを、散逸させることなく集めて・編集し・新たな価値を生み出すクラウドサービス『Pubcen』」 の提供を目指して開発を進めてまいりました。
2017年2月には同サービスのコアとなるキュレーションエンジン「Life Weaver Technology」の特許(特許第6083546号、米国でも出願中) を取得。
今回の資金調達により、製品の開発をさらに推進し、今夏の日英2カ国語でのサービス開始を目指します。

■ 受賞歴

  • ぐんぎんビジネスサポート大賞2015 奨励賞受賞(2016-04-08)[群馬銀行主催]
  • 第3回 群馬イノベーションアワード2015 特別賞・スタートアップ部門入賞 (2015-12-05) [上毛新聞社主催]
  • 第3回 群馬ベンチャーサミット 準グランプリ受賞(2015-07-25) [監査法人トーマツ主催]

■ Pubcen(パブセン)のご紹介
Pubcenは、SNS上に投稿した記事・クラウドサービス上に保管している写真・スケジュールなど、自分の大切なデジタルコンテンツを、自動的に集めて整理する、ライフログサービスです。

近年、複数のネットサービスを駆使して、スケジュール管理や情報の共有・コミュニケーションが可能になる一方で、「写真の整理や管理が追いつかない」「どこかに投稿したはずなのだが見つからない」「過去の資産をまとめて振り返り、新しい価値を生み出す時間がない」という課題も生まれています。Pubcenはこうした課題を解決し、人々のデジタルライフに欠かせないプラットフォームとなるサービスです。

Pubcenに、自分が利用するSNSやクラウドサービスをコネクトすれば、散在したデータが一か所に集められ、時間軸や場所やタグ付けした情報によって自動的に整理されます。そして、自分なりのまとめや編集をして、SNSやクラウドサービスに再び配信を行う事が出来ます。

これにより、今日の日記から、今年の10大ニュース、数年間の定期イベントのまとめ、写真とスケジュール表を組み合わせての出張報告、自分史の編纂に至るまで、ビジネスとプライベートの両面で価値ある自分のライフログを生み出せるのです。

■ 株式会社パブセンについて
会社名: 株式会社パブセン
設立年月: 2015年7月
本社: 〒371-0022 群馬県 前橋市 千代田町2-7-10前橋市創業センター202
代表取締役: 佐藤 高生 
資本金: 3000万円
Webサイト: https://pubcen.com
Facebookページ: https://www.facebook.com/pubcen

■ 代表取締役 佐藤 高生について
創業者の佐藤高生は、群馬県立前橋高等学校を卒業後、1983年慶應義塾大学経済学部に入学。
大学時代に学生ベンチャーとして、前橋市に株式会社群馬データベースシステムを設立し(1985年7月)、ソフトウェア開発やインターネットプロバイダ事業などを通して、経営者としての経験を積みました。
その後、外資系ソフトウェアベンダーのセールスとして、日本を代表する多国籍企業のグローバル展開・Webマーケティングに貢献。スケーラブルなコンテンツデータベースシステムのプロフェッショナルとして、経験と実績を積み人脈を構築してまいりました。
こうした経験を活かして、2015年7月に株式会社パブセンに商号を変更し、満を持して二度目の創業に挑戦しております。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
お問い合わせフォーム